お名前シールの使い方

入学のシーズンになると、子供たちの道具を用意しなければならず、バタバタしてくるものです。

準備をしっかりしても、そのすべてに名前を入れることを考えると、ぞっとしてきてしまいます。

特に小学校入学ともなれば、一からそろえるものの数が多く、すべてを並べてみてみるとびっくりしてしまうのです。

入学に伴う数は、200点近くにもなるといわれています。
学校によっても違いはありますが、細かなものも多くあり、名前を書き入れていくのは容易ではないのです。

だからこそ、お名前シールを使っていくと、手間を減らせるだけではなく、文字の崩れもなくせますし、読みやすい状態にしてあげることができるといえるでしょう。

小学校入学の場合には、幼稚園とは違いシンプルなものが合います。
幼稚園と違い、段々と文字が読めるようになってくると、イラストからは卒業していくからです。

入学当初はイラスト付きがいいかもしれませんが、段々と恥ずかしくなってくるものです。

シンプルなものであれば、ひらがなでもしばらくは使っていけるものとなるでしょう。

その先を考えていくのであれば、漢字も用意しておくと便利です。
ある程度自分の名前が漢字で書けるようになってくると、ひらがなでは恥ずかしいと思うようになってきます。

そんな時には、漢字のお名前シールも作ることができます。
成長に合わせて用意するものが変わっていくのも、小学校という時期でもあります。

早目に漢字に切り替えられるようにしておくのも、将来を見越した準備として大切になってくるでしょう。

お勧めサイト

お名前スタンプ・お名前シール【入園・入学準備】即日出荷OK|お名前つけ.net

ページの先頭へ